スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

彼岸花

長く続いた残暑でしたが、

季節は廻り、通り抜ける風と、真っ青な青空は忘れる事無く秋を運んできたようです。

以前から、秋になったら見に行きたいと思っていた「曼珠沙華」の名所に

友人と一緒に行く機会に恵まれ、忙しい日々の中の一時の素敵な時間となりました。

「つきぬけて 天上の紺 曼珠沙華」と山口誓子が詠んだ歌を髣髴させるような

真っ青な空に突き抜けるように咲く、真赤な曼珠沙華


彼岸花1

それは堤防をメラメラと燃えつくすかのように咲き乱れるさまに、しばし二人は見とれていました。

彼岸花2

曼珠沙華から覗く川面は秋のひざしに照らされてより一層、煌き輝いて見えます。

higannbana6

狂おしく赤々と燃えるように咲く姿は、女性の情念のように感じるのは私だけでしょうか?

幼かった頃は、墓場に咲く花だとか、家に持ち帰ったら家が火事になるとか、毒があるとか・・・

聞かされたせいか何となく怖くて嫌いだった花ですが

今はこの情念的な花が好きになっています。

彼岸花ほどたくさんのそして又、相反する名前を持つ花も少ないようです。

吉な名前に

曼珠沙華・天上の花

不吉な名前に

死人花・地獄花・幽霊花・狐花・捨て子花・・・etc

その他各地方言で呼ばれた名前は千以上あるともいわれています。

しかし、私の最も好きな名前は

「葉みず花みず」

春に葉が出て朽ち果てやがて秋に花が咲く、

春に芽を吹く葉は決して花を見ることが出来ず、

秋に咲く花は、決して葉を見ることが出来ないなんて・・・切ないですよね

韓国では、花と葉が同時に出ることはないから「葉は花を思い、花は葉を思う」という意味で

「相思華」とも呼ばれているようです。これもまた素敵な名前ですよね

彼岸花5

秋の陽射しと美しい彼岸花に誘われて3匹の蝶が遊びにきました。

もん黄蝶やもん白蝶も舞っています。

私にとって暖かく穏やかな素敵な秋の一日でした。


スポンサーサイト

2010.10.09 | | Comments(1) | Trackback(0) | 未分類

コメント

毎日が過ごしやすくなって、最近目につくのが「曼珠沙華」。
少しでも目をひくのに、こんなに咲いていると綺麗でしょうね~

しかし、名前がそんなに沢山あるとは思いませんでした。v-218     

2010-10-09 土 06:12:09 | URL | ペコちゃん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

三悠会

Author:三悠会
センスのいい
新しいいけばなを
提唱している古流三悠会は、
充実した「ネット生け花教室」も開講中。
ネットで指導を受ける会員さんも多くいます。
そんな三悠会の活動ブログです。

ブログランキング

ポチッとクリックをお願いします。

リンクの「古流三悠会」も、 ぜひクリック!! どちらも、一日一回 よろしく~。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。