スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

謹賀新年

 わが門に新年来たり

      あら玉の祝言(ほぎごと)云ひぬ おめでたう
         
         努め給へや 本年は君 の年なり 
(万葉集より)


晴れた新年は、私の部屋から望む霊峰白山から昇る日の出が

美しく加賀平野を照らし、新年を迎えることが出来ます。

今年は、残念ですが、ご来光に出会うことが出来ず、窓の外に広がる一面の銀世界

鉛色の厚い雲が空を覆い北陸の代表的な冬の風景で2013年の幕が明けました。

まるで水墨画のようなこの風景には、

晴れやかさはありませんが、「静」の美しさと、その裏にある力強さを感じさせてくれます。

そんな朝も、午後からは雲も鉛色から白へと変わり

時折差し込む太陽の光がことのほか明るく見えます。

自然は私達に多くのメッセージを贈ります。

そうです!晴れない天気も無く、朝の来ない夜も無く、春の来ない冬も無いのです。

晴る日を信じて荒れる日を楽しみ、朝を信じて夜を楽しみ、春を信じて冬を楽しみ・・・

私をはじめ三悠会も、決して、下を向かず明日に向かって歩き続けて行きたいものです。

改めてそんな想いで新年を迎えました。


新年のいけばな
ブログ1


花材 松・竹・梅・千両、
飾り 津軽凧


凧は、年の初めに両親が男子の出生を祝い、その無事な成長を祈り揚げられ

願いごとを凧に乗せて天に届けるという意味もあったようです。

20130101ブログ2

花材 枝垂れ柳・白玉椿 (枝垂れ柳は見えないですが・・・)
花入 鶴くび花入 人間国宝 徳田八十八吉作 
掛軸 万歳楽


三悠会では大変お世話になった人間国宝「徳田八十吉」先生の鶴くびの花入。

幕の内までは白玉椿を生け、その後はピンクの西王母椿それ以後は赤の椿に変わります。

蕾の花は陰といわれる事から葉の枚数は陽の3枚としました。


スポンサーサイト

2013.01.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

三悠会

Author:三悠会
センスのいい
新しいいけばなを
提唱している古流三悠会は、
充実した「ネット生け花教室」も開講中。
ネットで指導を受ける会員さんも多くいます。
そんな三悠会の活動ブログです。

ブログランキング

ポチッとクリックをお願いします。

リンクの「古流三悠会」も、 ぜひクリック!! どちらも、一日一回 よろしく~。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。